2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.31 (Mon)

模様替えと共にさようなら2012年

大晦日に部屋の模様替えをしました。

以前から構想はあったものの、実行している時間も無く
時が流れていました。

こういう年末年始の時を狙ってようやく出来ました。


IMG_1663.jpg

やはりPC関係と機材関係の配置をどうするかで悩みます。
エレピやアンプにギター達はどうしても場所を取りますからね。

机も二つをL字型にしていたんですが、今回思い切って一つにしました。
使い勝手の面ではまだ慣れていませんのでどうなるか分かりません。

しかしこういう機会に不要な物を処分したり、違う所へ効率よく
しまい込んだりしないと物があふれかえってしまいますからね。

そういう訳で今までの配置から思い切って変更しました。



それから2012年ももう少しで終わりです。
今年も沢山の方のご協力やお手伝いを頂きました。

この場を借りて感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

来年は更なる飛躍を目標に突き進んできたいと思います。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
EDIT  |  18:06  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.12.22 (Sat)

川崎市岡本太郎美術館

メンバー三人で川崎市にある岡本太郎美術館へ行ってきました。


IMG_1477.jpg

途中で幻想的な雰囲気の林がありました。
三脚立ててしっかり撮りたかったな。

IMG_1480.jpg

入り口です。
中に入ると太陽の塔をモチーフにした巨大な入り口がお出迎え。
いきなり圧倒されました。

IMG_1481.jpg

こんな休憩スペース?もありました。
ここでは写真撮影が許可されていますので休憩中のリーダーを激写。

IMG_1486.jpg

僕も撮ってもらいました。
手の椅子の座り心地は・・・。

IMG_1488.jpg

こころは岡本太郎氏に因縁をつけている?


沢山のアート作品に触れました。
特に油絵は「繊細かつ大胆に」と言いたくなるようなパワーを感じました。

こういう美術館巡りは僕自身あまり行かないんですが、先月の藤子.F.不二雄ミュージアムに
引き続きすごく刺激になりましたね。

これからはちょくちょくこういったアートスポットにも行くようにしようかな?


川崎市岡本太郎美術館HP
EDIT  |  12:06  |  カメラ・写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.12.03 (Mon)

紅葉撮影2012

今年も何とか撮影に行く事が出来ました。


IMG_1084.jpg

IMG_1086.jpg

山梨県塩山市にて

父の一周忌だったんですが、お寺の敷地内に一本だけ
キレイに黄葉しているモミジの木がありました。


IMG_1142.jpg

IMG_1156.jpg

IMG_1177.jpg

静岡県伊豆市 修善寺自然公園にて

目的の場所ではちょっとピークを過ぎてしまったようです。
もう一週間早かったらベストだったのかな?


IMG_1304.jpg

IMG_1305.jpg

静岡県松崎町 伊那下神社にて

次の日にたまたま見つけた神社にあった御神木の銀杏の木。
大きな木が二本あって、片方は落葉していましたがもう片方は
まだ色づきのある葉が残っていました。


全体的に黄色い葉っぱ系はまだ残っていましたが、赤い葉っぱ系は
落葉していることが多かったですね。ちょっと残念。


それでも短い時間でしたが何とか念願の紅葉を撮影することが出来ました。
この為にEOS60Dを購入したと言っても過言ではありませんからね。


しばらく撮影旅行の予定はありませんので、冬はどこへ撮影に行こうか
のんびり考えたいと思います。
EDIT  |  21:19  |  カメラ・写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.12.01 (Sat)

藤子.F.不二雄ミュージアム

かわさきFMでのラジオ打ち合わせ前にメンバーと以前から行きたかった
藤子.F.不二雄ミュージアムに行ってきました!

IMG_1012.jpg
どこでもドアからこんにちは

IMG_1007.jpg
空地の土管で昼寝はしませんでしたが横たわってみました

IMG_1044.jpg
館内のカフェではこんな物も

IMG_1034.jpg
リーダーは怪しい飲み物を。。。


ドラえもんファンの僕としては以前から行きたかったこのミュージアム。
知らない作品も展示してあったり、普通に漫画が読めるコーナーがあったり
盛りだくさんの内容でした。

ドラえもんファン必見!!


※館内は原則撮影禁止です。
 屋外や一部箇所のみ撮影が可能です。

リンク:藤子.F.不二雄ミュージアム公式サイト
EDIT  |  00:40  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |